マシンビジョン

製品名検索:

LED照明

定電流センシング制御方式

抵抗実装が不要になり発熱を約20℃カット

新開発!特許出願済定電圧方式では、いくら放熱対策をしても発熱源となる制限抵抗を実装する矛盾を抱えていました。
MG-Waveシリーズでは、抵抗実装が不要な定電流方式を採用し業界最高の熱特性を実現しました。

恒温槽内で周囲温度を40℃に保ち、十分に槽内温度で飽和させた後、点灯開始。30分間LED基板温度を記録した結果を示します。


  • 定電圧方式 基板部

  • 定電流方式 基板部

発熱が抑えられることにより、発光効率UP!

LED照明では切っても切り離せなかった熱と光量の関係ですが、上記の定電流方式の採用と共に独自の放熱対策により、発熱を大幅に抑制する事に成功し、熱量が等しい場合、光量も従来比40%UP※を実現。
※当社従来品比(MDRL-CW31による比較)

恒温槽内で周囲温度を40℃に保ち、十分に槽内温度で飽和させた後、点灯開始。30分間照度の変化を記録した結果を示します。

定電圧の取り扱い易さはそのままに

定電圧方式では、照明側に制限抵抗を持っているため、電源の供給可能容量以内の照明であれば、どんな照明でも使用できるという特徴がありました。
一方、定電流方式では上記のような発熱対策には非常に有効な方式でありながら 照明側LED数の違い(必要電流容量の違い)に合わせて、電源側の供給電流量を調節する作業が必要で、照明と電源を1対1で使用しなければならず、条件変更(照明のみを変更したい時など)の自由度がありませんでした。

MG-Waveシリーズでは、照明側に特許出願済のセンシング回路を設け電源側で信号を読み取り、照明個々のLED数量に合わせた定格電流をコントロールする事により、電源側の最大電流容量以内の照明であれば、定電圧方式同様どんな照明でも使用する事を可能にしました。


Copyright c MORITEX Corporation All Rights Reserved.