Vision China, 上海


中国のマシンビジョンに関する展示会で、最も大規模なVision China 上海が、3月14日から16日の3日間、上海で開催されました。 今年は、昨年よりもさらに大きなW5ホールで開催され、中国でのマシンビジョン業界は年々成長の兆しを見せています。


MORITEX Technologies は、昨年同様、54㎡のサイズのブースにて出展し、新製品の「CCTVレンズ」、3D プロジェクターの最新の測定ユニットのデモンストレーションを中心に、その他の新製品の「ラージフォーマットテレセントリックレンズ」、「ラインスキャンレンズ」、「コンパクトコントローラー」などを展示しました。

また、今回は、これらのマシンビジョン製品の他に、コスメティック機器製品の肌カウンセリングシステムの「BELASSIST」や、肌の水分量を測定する肌センサー「Moist Sense」なども展示しました。


複数の新製品を展示した中で、「CCTVレンズ」は、MORITEXが強力にアピールする新製品で、世界に先駆けて、中国上海で発表しました。 他社製品に比べて、コンパクトなサイズ、耐振性などが主な特長で、マシンビジョン向けの「ML-U-SRシリーズ」「ML-M-URシリーズ」「ML-M-HRシリーズ」の3シリーズ、交通監視向けの「ML-Tシリーズ」の合計4シリーズがあります。


もうひとつの重点製品である3D プロジェクターは、昨年展示したモデルに続き、バージョンアップした最新の測定ユニットをデモ展示しました。


この3D プロジェクターは、ブース内でプレゼンテーションも行い、多くのお客様が興味深く耳を傾けていらっしゃいました。


また、昨年、大変好評であったバイテレセントリックレンズ「MTLシリーズ」を今年も展示し、DEMO展示、製品展示の他に、ブース中央にオブジェのように回転台に設営して展示するなど、その存在感をアピールしました。


その他にも、ラージフォーマットテレセントリックレンズ、ラインスキャンレンズ、コンパクトコントローラーなどの新製品を紹介しました。


今年も多くのお客様に来場いただき、大変好評のうちに、展示会を終えることができました。

MORITEXは、今後も中国でのマシンビジョン業界において、市場のニーズに沿った製品開発、お客様へのベストソリューションの提案を続けてまいります。


Copyright c MORITEX Corporation All Rights Reserved.